借り入れ停止?借りる場所と用途をきちんと使い分ければ大丈夫

人は、本当に困った時にお金を借りるのが普通です。しかし、お金を借り過ぎて、あっちの借金に回すため、こっちの借金に回すため、そして生活のためと、不本意ながらお金を転がしながら生活している人も少なからずいると思います。そうすると、借り入れ停止ということになり、一気に生活も返済も立ち行かなくなり、任意整理や破産処理をやむなくしなければならなくなるのです。

借り入れ停止は、さっきまでササッとお金が手に入っていたのに、急に賃金業者から停止され、1円も借り入れできなくなることです。こうなると真っ青ですね。そんな事になる前に、どこでどれくらい借りられるのかきちんと計画を立てましょう。

金融機関側は、CRINシステムにより金融事故の情報の共有をしています。金融事故とは、消費者の返済延滞が続いている、返済困難者、破産状態等をいいます。ですから、その情報が金融機関に回れば、一気に借り入れ停止になるのです。どんなに甘い文句で借り入れをするようになった人でも、返済能力の無い人には貸したくないのは当然のこと。また、借り入れを続けて生活をしていくことが普通になっている消費者への警告でもあります。

ですから、借り入れ停止になったときがあなたの人生を見直すときです。中途半端で無難に生きている人より、何もかもを失うことは、辛いことですが大きなチャンスです。このチャンスを必ず掴んでください。失敗の経験は、誰よりもあなたを大きく成長させます。『お金』は、どんなに安い給料でも、使わなければ必ず貯まるのです。貯金ができずに出金停止にまでなった人は、何がそんなに必要だったのか、なにをそんなに買いたかったのか、商品そのものが欲しかったのか、『買う』『使う』という行為がしたいだけなのか、自分を分析してみてください。

何もかも失ったときは、自分と向き合うチャンスです。お金を『使う』行為で、何を埋めたかったのか。そこに必ず出金停止になった原因があります。

自分の収入から貯金ができる安定した状態になったときは、銀行とカードローンの使い分けを上手にしながら豊かな生活を目指して下さい。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/cardwohikaku.com/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678